田舎OLの旅と暮らし

静岡に住むアラサーOLによる旅と日常の記録

【静岡散策】久能山東照宮〜日本平夢テラスで自然のパワーを堪能する♪

こんにちは、Sayuriです!

2020年12月末に久能山東照宮日本平夢テラスに行ってきましたのでその時の様子をご紹介します♪

標高216mに位置する久能山東照宮、そこから見える駿河湾の景色がとても素晴らしく、「無」になりたいときなどによく訪れます笑

日本平久能山東照宮よりさらに高い標高316mに位置し、富士山、清水港、南アルプスなど360度見渡せる大パノラマビューを楽しめます♪その絶景さに日本観光地百選コンクールで1位をとったことがあるなど自然に恵まれた素敵な場所です。

今回は久能山東照宮からロープウェイに乗って日本平に行くルートです。この日は曇り空でちょっと景色が残念な感じですが、ご覧いただけると嬉しいです。

久能山東照宮について

f:id:rinto_blog:20210328132157j:plain

徳川家康を祀る神社を「東照宮」と呼びますが、久能山東照宮徳川家康が亡くなった直後につくられた最初の東照宮です。

徳川家康が亡くなる直前、「遺体は久能山に埋めてくれ」という遺言を受けていた二代目将軍の徳川秀忠は、家康公が亡きあと、遺言どおり久能山に埋葬するとともに、家康公を祀るために神社をつくったのが久能山東照宮の始まりと言われています。

社殿は総漆塗による漆黒に色鮮やかな極彩色がとても美しく映え、江戸初期の代表的な建築物と言うことで国宝にも指定されています。

 

行き方

標高216mに位置する久能山東照宮へ行くには2つの行き方があります。

  1. 日本平からロープウェイで行く
  2. 参道から1159段の石段を上っていく

1159段も上るならロープウェイで行ったほうがいいじゃん、と思われますが、
わたしは断然1159段の石段を上る派です。

1度だけ日本平からロープウェイを使って行ったことがありましたが、やはり石段を上ってゼーハーしながら辿りついたときの達成感や、そこから見る駿河湾の景色が最高に気持ちがいいんですよね。

ただやはり足腰への負担が大きいため、全ての人にオススメはできません。足腰弱い方や高齢の方はロープウェイを使いましょう。

また石段なので、上るときはシューズ靴などの動きやすい格好が重要です。

goo.gl

 

ではさっそく久能山東照宮上りスタート

f:id:rinto_blog:20210328132133j:plain

石段

1段1段はそこまで高くない石段ですが、やはり1000段も超えると結構キツイです。真冬でも上着がいらない(むしろ汗かく)くらい全身がポッカポカします。

このキツイ石段を上っている最中の癒しはなんといっても豊かな自然。
この時は年末でしたが、ぎりぎり紅葉が残っていました。

f:id:rinto_blog:20210328132149j:plain

上がっていくと、景色がひらけて一面に見渡せる駿河湾に癒しと達成感を味わせてくれます。

f:id:rinto_blog:20210328141339j:plain

一面に広がる駿河湾

拝観料500円を払い、社殿へ

社殿へ行くには拝観料500円を払います。社殿へ行く道も階段が続くので、一休みしてから行くのも良いと思います。

 

そしてついに国宝になっている社殿に到着です。

f:id:rinto_blog:20210328132224j:plain

久能山東照宮を建てるときに棟梁を担当したのが『中井正清』という人ですが、このお方、名古屋城や二条城、仁和寺も手がけたとてもすごい方。その方の晩年の傑作とも言われるこの社殿はじっくりゆっくり見物したいところ。

 

さらに奥に進むと家康が眠ると言われているご新潮があります。

f:id:rinto_blog:20210328132206j:plain

ご神廟

ただ家康の遺言には、「遺体は久能山に埋葬して、一周忌がきたら日光に移動」としていたため、今現在ご遺体が久能山にあるのか日光にあるのかは未知だそうです。

しかし、ご新潮がある周りは本当に緑であふれていて、洗練されたような空気を感じます。

f:id:rinto_blog:20210328132215j:plain 

あとなかなか目につきにくいですが、社殿の周りには玉垣があり、その腰部分には彫刻が彫られています。

f:id:rinto_blog:20210328132234j:plain

玉垣にある彫刻

こちらの彫刻は玉垣と渡り廊下に合わせて106枚あるそうですが、なんと全部違う絵柄なんです!
一枚の板から掘り上げられた彫刻ですが、1枚1枚本当に繊細につくられていてとても素敵です。
下の方にあるのでスルーされがちですが、ぜひじっくりご覧いただきたいです。

 

ロープウェイで日本平

f:id:rinto_blog:20210328132308j:plain

ここからロープウェイに乗って日本平夢テラスへ行きます。

片道5分の空中散歩です♪上空から見る景色はとても壮大で圧倒されます。

 

f:id:rinto_blog:20210328132327j:plain

ロープウェイから見た景色

 

夢テラス到着

f:id:rinto_blog:20210328132351j:plain

日本平夢テラスは2018年に造られたわりと新しい建物です。

もともと展望台はありましたが、こちらの夢テラスは1Fは展示スペース、2Fはラウンジスペース、3Fは展望エリアとなっていて、ゆっくりのんびり景色を楽しむことができます。

また1周200mの展望回廊があり、ぐるりと周りながら駿河湾南アルプス、そして富士山、自然いっぱいの景色を堪能できます。

そして夢テラスを設計したのは、あの新国立競技場を設計した隈研吾さんの事務所なんです。
県産の材木を使用していて、木の温もりと洗練されたデザインがとても素敵です♪

f:id:rinto_blog:20210328132359j:plain

周遊回廊から見た夢テラスと富士山

goo.gl

 

日本平ホテルでティータイム

f:id:rinto_blog:20210328132408j:plain

夢テラスから5分ほど下ったところに日本平ホテルがあり、今回はそこでひと休憩。

わたしが生まれるずっと前からある老舗のホテルですが、外も中も高級感あふれていてなんだか非日常を味わうことができる特別な場所です♪(いまだに泊まったことはないですが…笑)

展望室や窓全面ガラス張りのカフェから見える眺めがとにかく素晴らしいです。

ということでカフェでアフタヌーンティーセットを頂きました♪

f:id:rinto_blog:20210328132435j:plain

たまにしかできない贅沢です♡
カフェから富士山や駿河湾も見れて、待っている間も全然飽きません♪

f:id:rinto_blog:20210328132427j:plain

カフェから見える景色

goo.gl

 

自然(と糖分)をたくさんチャージすることができました♡

わたしは静岡在住なので富士山は毎日のように見ていますが、やはり日本平から見える富士山は本当に綺麗だなぁと思います。

 

YouTubeにて、散歩の様子をアップしています♪

youtu.be

 

それではまた〜♪